インプラントの問題点

1.出血・神経マヒ対策が不十分

CT撮影を行わない手術は危険

インプラント治療では、太い血管や神経の近くに長いインプラントを埋めています。
その神経や血管が傷ついてしまうと痛み痺れが残る可能性があります。
そのため綿密な検査と説明が求められるのですが、CTの撮影をせずに埋入しているケースが少なからず存在します。
当院では安全のため、入念な精密検査を行います

出血・神経マヒ防止のために当院では、通常のレントゲン以外に大学病院でCTを必ず撮影して、放射線科の医師と連携し血管・神経までの距離と 骨幅を限り無く正確に測定し、太い神経・血管とインプラントの距離(安全域)を通常よりもさらに1~3mm多くとってインプラントを埋入しています。

 

安全で丈夫なインプラント

安全性を高めるために少し短いインプラントを埋入するため骨と接触する表面積が減ってしまい、上手くインプラントが安定しない場合があります。そのため当院では

    インプラントを太くする
    通常のインプラントよりも表面積の多いものを使う
    本数を増やす

等の対処を行うことで、安全で丈夫なインプラント手術を可能にしています。

 

事故について

インプラントが骨と結合しないなど、簡単にリカバリー出来るケース以外に、私どもにとって信じがたい、またあり得ない事故の報告を受けることがあります。
それぞれの事故について検証すると、あまりにも未熟でいまだ正確に検証されていない新しい方法を先駆者のつもりで行い、不測の事態を招いた結果、インプラント治療の素晴らしさが正しく伝わらなくなり多くの方々に敬遠されるという状況が発生しています。

例えば、
1.術前にCTスキャンを撮影しシュミレーションしたというだけでの
 フラップレス(歯茎の無切開)治療。
 確かに一般医科では開腹手術でなく内視鏡による外科手術が
 ありますが、リアルタイムでモニタリングをしながらでの手術です。
 それと違って、インプラントのフラップレス治療は術者の勘やイメージで行うため
 大変危険です。実際にトラブルが全国各地で多発しており、
 当医院は数年前から警鐘を鳴らしています。

また、
2.自分の友人や家族には決して行わない歴史の浅いインプラントによる治療
 (データー不足で予後が判らない)

そのほか、
3.適材適所の名目で口腔内への多種多様なインプラントの埋入など
 (メンテナンスに問題があり)。

当医院では骨が薄い方や高齢者でも全く問題なく治療が出来ますが、イタズラに症例数を増やす事を目的としていません。また確立されていない治療法はいたしません。

その結果、多くの方々から支持を受け、大阪市外からも多くの患者様にご来院いただき、2500本以上のインプラント処置数実績を誇ることができたのだと思います。

当医院ではインプラントに関するセカンドオピニオンにも対応しておりますので、どうぞ遠慮なくご相談ください。

診療時間
Copyright© 2011 Soga Dental Clinic All Rights Reserved.