インプラントとは

『入れ歯』や『ブリッジ』に変わる治療法として、日本でも30年以上前からインプラント治療が行なわれてきました。医療も進歩し、材料・技術ともにめざましい発展を遂げています。

当院では、AQBインプラント治療の講師である院長が、常に最新の技術と材料を使用し、1人1人の患者様に最適な治療方法を選択インプラント治療を行なっています。

インプラント治療と他治療との比較

インプラント ブリッジ 入れ歯
【長所】

  • 審美性が良好
  • 他の歯をほとんど削らない
  • 自分の歯に近い感覚で噛む事ができ、食べ物の味がそこなわれにくい

【短所】

  • 体質や疾病(重度の糖尿病)によっては治療ができない場合あり
  • 外科的手術が必要
  • 治療期間が比較的長い
  • 費用が比較的高い
【長所】

  • 固定式であるため、装着しても違和感が少ない
  • 人工の歯の材料を選択することにより天然の歯と変わらない修復が可能
  • 治療期間が比較的短い

【短所】

  • 両隣の歯を削らないければならない
  • 支えになる歯の負担が比較的大きい
  • 抜けた歯の部分の歯ぐきが、次第にやせてしまう事がある
【長所】

  • 治療が比較的簡単に受けられる
  • 比較的費用は安い
  • 治療期間が比較的短い
  • ブリッジでは適応できないような多数の歯がない場合でも有効

【短所】

Will be directly proportional web site to the size of the winning bid amount, so the minimum bid to disrupt the maximum jackpot will not work.

  • 装着時に違和感を生じることがある
  • バネが架かる歯の負担が大きい
  • 噛む力が比較的出にくい
  • 取り外し手入れをする必要がある

インプラント治療の流れ(AQBインプラント使用による1回法の場合)

1.インプラントの診療・診断・治療計画の説明

インプラントを埋め込む箇所と口腔内の骨の状態、歯肉の状態、噛み合せの診察を行います。
レントゲン撮影、口腔内写真撮影、歯形や噛み合せの採得等を行い、口腔内全体での治療計画を立て、十分に患者さんと話し合いをします。

2.術前処置

必要な場合、歯周病、カリエス治療、不良な冠の除去等を行い、衛生状態を良好にし、噛み合せを整えるための準備をします。

3.インプラント植立手術

診断計画に従い、インプラントの歯根になる部分を埋入します。AQBインプラントの場合、手術時間が短く、麻酔時間を除き、1本10-15分程度です。

4.手術終了

患者さんの手術後の状態を確認して、帰宅となります。

5.手術後の消毒

次回、手術部位の確認と消毒を行います。前歯など外観が気になる部位には、ここで仮歯を入れる場合があります。

6.治療期間

患者さんの状態により、AQBインプラントの場合1ヵ月から2ヵ月程度という業界最短の治癒期間(インプラントが骨癒合する期間)を設定します。AQBインプラントでは、手術後1週間程度で抜糸し、仮歯を入れます。歯肉の状態と噛み合せの状態をチェックし、修正し、全体のバランスを整えます。

7.最終的な装着歯の作製と装着

全体の噛み合せを整え、表面の色をチェックしながら最終的な装着歯を被せます

8.定期健診、メンテナンス

最終的な装着歯を被せても、未だインプラント治療は完成ではありません。インプラントを長持ちさせるために、患者さん自身で口腔内を清潔に保つ(プラークコントロール)メンテナンスが大切になります。また、定期健診で噛み合せのチェック、骨の検査、被せた歯の緩み等の検査をします。

診療時間
Copyright© 2011 Soga Dental Clinic All Rights Reserved.